利用者に合わせたネットスーパー活用法

利用する人の環境に合わせたネットスーパーの活用法

>

高齢者を助けるネットスーパー

高齢者こそネットスーパーを利用するべき

「買い物難民」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?スーパーなどの食料品店に買い物に行けない、もしくは行きにくい人たちの事です。
この様に聞くと山奥や過疎化の進んだ集落のイメージがあると思いますが、都心部でも近所の小規模な商店が無くなり、郊外に大型店しかなくなると高齢者は歩行が困難であったり、免許証を返納して車が運転できない場合、買い物難民になってしまいます。

そこで買い物が困難な高齢者こそ利用して頂きたいのが、ネットで注文すれば配達されるネットスーパーです。
しかし当然の不満として「私はインターネットは使えないから」という声があると思いますが、実はインターネットを使わなくても利用できるネットスーパーがあるのです。

電話で頼める「イオンネットスーパー」

「外出しなくても買い物が出来る」、「重い物も配達してくれるので力が無くても安心」このようにネットスーパーの特徴を考えると、実は一番利用したいのは高齢者の方だという事は解りますが、最大の障害はインターネットを利用できないで方も多くいることです。
しかし、ネットスーパーの中には電話で頼める「イオンネットスーパー」といインターネットを使用しないサービスがあります。

「イオンネットスーパー」は、会員になると「お買い物ノート」という食料品や生活必需品カタログが送られて来るので、そのカタログを見ながら電話やFAXで商品を注文すれば、次の日に注文した商品が配達されます。

もし遠方で暮らしているご両親が買い物に困っているのなら試してみる事をお勧めします。


この記事をシェアする